記事一覧

19日間のスコットランド旅行 その6 <セント・アンドリュース>

オールドコース
 セント・アンドリュースといえば・・・
 ゴルフの発祥地でゴルフの聖地って  言われてる
    全英オープンは持ち回りで
    いろんな町での開催となるらしいけど、
    5年に一度はセント・アンドリュースでやるんだって




 プレイ中でも、すぐ側で見てもよいんだけど
 飛んできたボールが当たっても、自己責任だからね
   こういう考え方はとってもヨーロッパ的



もともとは、スコットランドの守護聖人、聖アンドリュースにささげられた、宗教で発展した街
     聖アンドリュースは、キリストの最初の弟子12人の一人
  大聖堂がある、つまり司教座が置かれていた
  中世には巡礼者でにぎわっていた
       ちなみに、スコットランドの国旗は青地に白い斜めの十字があるデザインだけど
       この旗のことを セント・アンドリュース・クロスって呼ぶ  


セントアンドリュース大学のマーク
    それから、大学の町
    600年以上の歴史がある、スコットランドで一番古い
    セント・アンドリュース大学がある
      オックスフォード大学やケンブリッジ大学に肩を並べる由緒ある学校だけど
        今この大学が、何より有名なのは 
        ウィリアム王子とキャサリン妃 のロマンスの地ってことかも
                                                 
セント・アンドリュース大学の紋章 



    2人はセント・アンドリュース大学の学生時代に知り合って愛を深めていったんだって ~
     ウィリアム王子が地元のスーパーでトマトを買うようなこともあったらしい

        なんたって小さな町だから、
        スーパーと言えば 【あそこ と ここ】ぐらいしかない
    ってことは、ウィリアム王子御用達のスーパーは、 ももたん も ごようたし してるかも
   
 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

  エジンバラから80kmぐらい北の、北海に面した町
  バスか、電車とバスの乗り継ぎで行くことができる
    観光するものはゴルフコースの他に
    大聖堂とお城があるんだけど、残念ながらどっちも廃墟の遺跡 
       でも遺跡を巡りながら古を想うのも、なかなかオツなもの ^-^

大聖堂 大聖堂 絵

  お城から見る大聖堂  本物(写真)と、想像図(絵)
      今も建物があるように見えるけど、左右の2つの塔だけが大聖堂

       オールドコースホテルでのアフタヌーン・ティもお薦め
         かなり、お高いらしい ^-^
       ホテルだからお泊りできる リッチな費用と引き換えに、リッチな気分になれるらしい ^0^
           お手頃なタイプの部屋でも1泊6万円ぐらいする!

   もともとこの町にはホテルは多くない、そして、割と高い 特に夏は!!
   その ちょー リッチな町に、 ももたんは、14泊15日もしてきた~
        
ももたんに そんなお金があるわけない ^-^
ありがたいことに
スコットランドの大学の学生寮は、夏休みの間ホテルのようにお泊りができるところが多い
   夏休みは日本と違って長いでしょ
   そんで、学生さんたちは おうちに帰るから、寮はカラッポになる
   そこを、ホテルのように旅行客が泊まれるんだ

    食事が付いている寮もあるし、朝ごはんだけ付くところもあるし、全く無い所もある
    でも大抵どこでもキッチンがあって、
    ポットや電子レンジや冷蔵庫、フライパンやお皿が置いてあって自由に使える
        エジンバラにも大学があって、大学寮もたくさんある
        ももたんは3つの学生寮に泊まったことがある
        夏でも1泊35~60ポンド(5250~9000円)ぐらいのお値段

           セント・アンドリュースでも、大学寮にお世話になりました~
             え、 納得したって?! ^0^

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Feather Tartan 

Author:Feather Tartan 
プロフィールは 下記カテゴリー内
  ティーチャー紹介 をご覧ください


スコティッシュ カントリー ダンス
 (SCD)とは?

スコットランドで
17世紀から踊りつがれている
貴族から庶民まで楽しんでいた
国民的で伝統のあるダンスです

  いまではスコットランドだけでなく
   イギリス全土 ヨーロッパ諸国
   アメリカ カナダ ハワイ
   オーストラリア ニュージーランド などでも
 広く親しまれています

海外旅行に靴を持っていけば、
現地のサークルに飛び入りもできますよ! 

    写真はスコットランドの国花 アザミ

最新コメント