FC2ブログ

記事一覧

ダンス セッション

パーティの2次会が、アイリィッシュパブでありました

ギネスビールや、ウイスキーを楽しめるのはもちろん
 楽器を持参でパブに来たミュージシャンたちのセッションも魅力的


我らがパーティでフィドル演奏をしてくれたH.O氏がセッションをするというので
沢山の方が参加していました
  フィドル、ギター、フルート、ティンフルート、マンドリン、アイリィッシュハープ
   あと、厚みのない太鼓(名前聞いたけど忘れちゃった!)


「踊りたぁ~い」

こんな素敵な音楽を目の前で演奏しているのに
   座って聞いているのはもったいない

    といっても、SCDを踊るほど広くないし  リズムもちょっと違うので
      ハイランドステップかパデバスクぐらいしかできない


そこで、2~3人が向かい合ってハイランドステップをしたり 
   (momoは、あんまり上手には出来ないんだけど)
パデバスクで位置を入れ換わるようにしたり 
   (on the spot と petronella turn を繰り返す  つまり、ずっとパデバスク! 疲れる!!)

   予め決められた動きでなく、その時の気分で相手と合わせて踊る  

これこそ、ダンスのセッション (^^

      我らダンサーたちは、ミュージシャンの奏でる音楽に魅了し
      彼らは彼らで、普段は目にすることのないステップに感動していたようで

            それぞれが刺激し合ったMusic & Dance セッションを思う存分楽しみました


 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Feather Tartan 

Author:Feather Tartan 
プロフィールは 下記カテゴリー内
  ティーチャー紹介 をご覧ください


スコティッシュ カントリー ダンス
 (SCD)とは?

スコットランドで
17世紀から踊りつがれている
貴族から庶民まで楽しんでいた
国民的で伝統のあるダンスです

  いまではスコットランドだけでなく
   イギリス全土 ヨーロッパ諸国
   アメリカ カナダ ハワイ
   オーストラリア ニュージーランド などでも
 広く親しまれています

海外旅行に靴を持っていけば、
現地のサークルに飛び入りもできますよ! 

    写真はスコットランドの国花 アザミ