FC2ブログ

記事一覧

日帰り旅行 その4 門司

九州側のエレベーターで地上へ まさしく上陸 ^-^
   ちなみにこのトンネル、歩行者はタダ
   自転車や原チャリは20円   エレベーターに乗る手前に賽銭箱みたいな料金入れがあった
   特に誰かが監視しているわけじゃい


さっき歩いた本州側を対岸に見ながら歩く
  海に沿って遊歩道があって、散歩には最適
  花壇にはきれいな花があって、ボランティアの人によって管理されているそうだ

  住みやすそうな町だな

DSCF5463.jpg
  図書館は、やっぱり かまぼこでっぱりのレンガ積み
     残念なことにリニューアル中で
     2階・3階へは上がれなかった
        2階建てみたいに見えるけど
        3階があるんだって



      後ろに立つ高い建物は高級マンションで、
      上の方には関門海峡を一望できる展望室がある
          夜景が特におすすめらしいけど
          日が長い5月に、日帰りで旅したももたん
          「今回は素通り~」







DSCF5481.jpg
 九州鉄道記念館で【てつ子】を楽しんだ後
 三宜楼(さんきろう)に行く
  ここはかつては高級料亭で建物の意匠が素晴らしい
  高浜虚子がここで俳句を詠んだこともあり
  歴史を感じながら海の景色を楽しむこともできる
  
  今でも1階ではふく料理を食べれるし
  2階の大広間は一般に貸し出しもしてくれるそう


     宴会だけでなく、
     舞踊や邦楽の稽古発表会もOKとか

     スコティッシュ・カントリー・ダンスも良いかしらぁん ^0^
     フラダンスの発表会には使われたことがあるそうだ ^-^

 帰り際に入口に募金箱があるのに気づく
 「建物の保全補修のために・・・」

     そういえば今日一日
     下関も門司もレトロな建物には入場料が全くかからなかった

  タダ、ラッキーって思ってたけど
  考えたら維持にはお金がいるんだよね
    あちこち、いっぱい寄付してくればよかった   



   
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Feather Tartan 

Author:Feather Tartan 
プロフィールは 下記カテゴリー内
  ティーチャー紹介 をご覧ください


スコティッシュ カントリー ダンス
 (SCD)とは?

スコットランドで
17世紀から踊りつがれている
貴族から庶民まで楽しんでいた
国民的で伝統のあるダンスです

  いまではスコットランドだけでなく
   イギリス全土 ヨーロッパ諸国
   アメリカ カナダ ハワイ
   オーストラリア ニュージーランド などでも
 広く親しまれています

海外旅行に靴を持っていけば、
現地のサークルに飛び入りもできますよ! 

    写真はスコットランドの国花 アザミ

最新コメント