記事一覧

19日間のスコットランド旅行 その14 <カーネギー ホールのある町>

ちょ~オンチの人がニューヨークのカーネギー ホールで歌う夢を見て
ついに実現させる という映画が公開する
    
   カーネギーホールは、アメリカで鉄鋼業で成功した
   アンドリュー カーネギーさんが建てたコンサートホール

    ニューヨークのマンハッタンにあるのが有名だけど、
     アメリカの他の場所にもあるらしい

カーネギーホール 
   そのカーネギーホールが、スコットランドにもある
   エジンバラから電車でもバスでも1時間ぐらいの
   ダンファームリンって町

 人口は4万人ぐらいの小さな町だから
「カーネギーホールがエジンバラにあるなら判るけど なんでココなの?」
      って思うかも


  実はこの町は、カーネギーの生まれ故郷
  アメリカで大成功した彼が、故郷に錦を飾ったってことだ

   ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 ダンファームリンの市街地は山の斜面のような坂道にある
 エジンバラから電車で来ると、駅は坂の一番下だから町の中心まで行くのは結構大変 ^-^
    これが、半端な坂道じゃないんだ ^-^
    バス ターミナルは坂の上だし町の中心に近いから、行くならバスがお薦め ^0^

  そして市街地の面積と同じぐらいの広さの公園がある
      ヨーロッパって、よく郊外に公園あるよね
      っていう感覚じゃなくて 町と隣合わせに公園がある
   というか、町の右半分が市街地、左半分が公園って具合~

      この巨大な公園はカーネギーの寄付なんだって
      お金持ちは、なんでもスケールがでかい ^0^
 
  
     昔この公園は、お金持ちの人しか来てはいけないトコだった

カーネギー生家   たくさんの寄付をしている事前活動家のカーネギーだけど
   子供のころはとっても貧しくて
   この公園には来ることができなかったんだって
   
       写真はカーネギーの生家なんだけど
       2軒長屋の左半分の、更に2階部分だけが彼の家

   それで、お金持ちになった時に公園を買い取って
   町の人に開放したんだって 


 ダンファームリンの町は、カーネギーの故郷への思いがあふれてる
    公園の中にはカーネギーの銅像も建っている 
    町の人の、カーネギーへの感謝も込められているのだろう

     そんなことを知りながら公園のお散歩をしてると
     ダンファームリンも、お金持ちのカーネギーさんも、親しみを感じてとっても身近になるね
     ももたんもお金持ちになって、公園でも寄付してみよっかな


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Feather Tartan 

Author:Feather Tartan 
プロフィールは 下記カテゴリー内
  ティーチャー紹介 をご覧ください


スコティッシュ カントリー ダンス
 (SCD)とは?

スコットランドで
17世紀から踊りつがれている
貴族から庶民まで楽しんでいた
国民的で伝統のあるダンスです

  いまではスコットランドだけでなく
   イギリス全土 ヨーロッパ諸国
   アメリカ カナダ ハワイ
   オーストラリア ニュージーランド などでも
 広く親しまれています

海外旅行に靴を持っていけば、
現地のサークルに飛び入りもできますよ! 

    写真はスコットランドの国花 アザミ

最新コメント