FC2ブログ

記事一覧

19日間のスコットランド旅行 その12 <試験も無事済んで・・・>

もう冬間近なのに、8月の出来事をタラタラと記事にしてる ^-^
  みんなも、ももたんが何でスコットランドに行ったか
  そろそろ忘れているかも ^0^

      そうでした、ダンスの試験を受けに行ったのでした

 Classmate with Helen Adam 2 - コピー30分間の試験タイム
 自己紹介から始まって、ステップや手の使い方を練習をしながら
 1つのダンスが踊れるように教えていく
   教え方や内容だけじゃなくて
   時間配分とかマナー、声の出し方、立ち位置なんかも試される  
   
       生徒役のボランティアのダンサーは18人
         初級レベルのダンサーから
         ももたんが目指す試験に受かっている先輩たち
         長年ダンスを教えている指導者と さまざま

   共通しているのは、日本語が判る人はいないってこと ^0^
    
         そんな状況なんだから誰だってアガッチャウヨネ
         でも、英語の試験じゃなくてダンスの試験だから、つたない英語でもOK
            単語並べるだけでも、どうやって踊るかを見せて伝える方が大切なんだ
 
    試験の一部始終を部屋の片隅で見ていたももたんの先生は
     「良くできてたよ」  (先生としては、誰にでもそう言うだろう ^-^)
    ピアノを弾いてくれたミュージシャンとはハグハグ (若いイケメン ^0^)
    クラスメートともハグハグ お互いの健闘を称えあった

 結果は?
  発表は10日後、日本に帰ってから連絡が来る
  それまでドキドキの毎日・・・

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

  そしてサマー・スクールは終わった
  セント・アンドリュースを去る日、またまたハグでさよなら   

      2週間一緒に過ごして
      同じ釜の飯を食べ、同じ目的のために頑張ってきたクラスメートと別れるのは寂しい
        サビシイけどここに来れば、仲間に会える
        我らスコティッシュ・カントリー・ダンサーには集える場所が、ここにある
        なんて素敵なことなんだ! そんな気持ちになった

 
 クラスメートは口々にこう言う  「Keep in Touch」 
    辞書引くと、「連絡取り合おうね」って意味なんだけど、ももたんにはこう聞こえた
    「繋がっていようね」
         
        KIZUNA きずな 絆 だね  


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Feather Tartan 

Author:Feather Tartan 
プロフィールは 下記カテゴリー内
  ティーチャー紹介 をご覧ください


スコティッシュ カントリー ダンス
 (SCD)とは?

スコットランドで
17世紀から踊りつがれている
貴族から庶民まで楽しんでいた
国民的で伝統のあるダンスです

  いまではスコットランドだけでなく
   イギリス全土 ヨーロッパ諸国
   アメリカ カナダ ハワイ
   オーストラリア ニュージーランド などでも
 広く親しまれています

海外旅行に靴を持っていけば、
現地のサークルに飛び入りもできますよ! 

    写真はスコットランドの国花 アザミ

最新コメント