FC2ブログ

記事一覧

自転車で スイスの山を旅する

前の記事で、自転車の旅を【ツーリング】って書いた
     自転車と 電車で旅する
  もしかしたら、サイクリングの方が日本語として正しい?
  ツーリングは、バイクを走らせる時の言い方?!

    はっきりとした違いは判んないけど
    サイクリングは【自転車に乗ること】
    ツーリングは【乗り物でいろいろな場所をめぐること】 みたい
      Tour と Cycling が合体したのかもね

    一般的には【オートバイに乗ってどっか行く】ことみたいだけど
    オフロード自転車もツーリングの方が似合うよね
       こういう自転車をマウンテン・バイクって言うしね   

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

DAY2 19 トュルプゼーからヨッホパスへ スイスの山はすごい
 歩いて山を楽しむハイキングだけじゃなくて
 ツーリングすることができる
   つまり、自転車で山を走れるんだ

  ももたんが へっこらへっこら 歩いているのに
  自転車族はどんどん坂道を下っていく ^-^

 そりゃ、下りは楽だけど 登りはどうすんの
  そっか、ゴンドラとかで頂上までビュン!なんでしょ?
  ずるぅ~い    


    って思うけど、結構必死に自転車で登っている
      自転車降りて押した方が楽だろうけど
      自転車族としては、意地でも自転車での移動にこだわっているみたいで
      ギアを下げて頑張ってる

 そういうときは、ももたんのほうが速い ^0^

DAY7 26 FirstからBusalpへ

       狭い道でハイカーと自転車が接触したら危ないから
       自転車専用の道もある
          山の中に道案内があるんだけど
          ハイカー用、ツーリング用って両方の看板があるんだよ

        そういうトコでは
        ハイカーは自転車専用道を歩いちゃいけないし
        ツーリングしている人が登山者用の道を進んじゃいけない


え~ ももたん、スイスは何語なのよぉ
はい、ドイツ語とフランス語とイタリア語と、ロマンシュ語の4つが公用語
  でも場所によってドイツ語圏、フランス語圏・・・って大まかだけど分かれてる

いずれにしても、どの言葉もわかんない!
  安心してごじゃれ それは、スイスの人も同じ
    フランス語圏に住んでいる人はフランス語しか話せなかったりする
    同じ国でも言葉も文化も違う、よその国みたいな感覚

      だから、文字じゃなくて絵で描かれた看板が大活躍
      これなら、日本人だって問題ないよ
        山で道に迷って遭難したら大変だから、
        こういう配慮は必要不可欠だよね

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
 
  でも日本人にはちょっと判りにくいのが赤丸印
  マルなんだから「OK」の意味かと思うと
  【この絵の中のモノ、通るべからず】 って意味なんだ ^-^
    ここにはご親切に、 Bike Stop の文字があるから判るけど・・・

        でもさ、この看板の文字読んで
        「オートバイは通れないだって」と、ももたんの連れが言ったのでごじゃる ^-^
          英語は完璧だったけど
          バイクは、自転車のことなのよぉん ^0^ ^0^ ^0^
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Feather Tartan 

Author:Feather Tartan 
プロフィールは 下記カテゴリー内
  ティーチャー紹介 をご覧ください


スコティッシュ カントリー ダンス
 (SCD)とは?

スコットランドで
17世紀から踊りつがれている
貴族から庶民まで楽しんでいた
国民的で伝統のあるダンスです

  いまではスコットランドだけでなく
   イギリス全土 ヨーロッパ諸国
   アメリカ カナダ ハワイ
   オーストラリア ニュージーランド などでも
 広く親しまれています

海外旅行に靴を持っていけば、
現地のサークルに飛び入りもできますよ! 

    写真はスコットランドの国花 アザミ

最新コメント