記事一覧

ダンスの先生はスコットランドの著名な先生 それとも 猫!?

 おかげさまで、肉離れは95%治りました       人生初体験の日 その2 ^0^    なんとなく痛い部分もあるんだけど    整形外科の先生より 「踊ってもよろしい」の許可を頂きました       ただ、3週間も休んだので       痛めた足だけでなく、その他の部分が弱っているんじゃないかな・・・  ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 身体が柔らかいとケガをしにくくなるから   ダンスの前の...

続きを読む

日帰り旅行 その5 門司港駅

 今回の旅の一番の目的地   レトロな門司港駅に行くこと ところが、飛行機の予約をした後に知った、 現在修復中 ^0^   修復は予定より長引いているみたいだけど   なんだぁ   また美味しい お寿司を食べに行く口実が   出来ちゃったじゃないか! かろうじて?  古いトイレは使用可だった    (写真は遠慮イタシマシタ ^0^) そして、ホームは期待していた通り ❤ 殺風景に思えるけど  等間隔 左右対...

続きを読む

日帰り旅行 その4 門司

九州側のエレベーターで地上へ まさしく上陸 ^-^   ちなみにこのトンネル、歩行者はタダ   自転車や原チャリは20円   エレベーターに乗る手前に賽銭箱みたいな料金入れがあった   特に誰かが監視しているわけじゃいさっき歩いた本州側を対岸に見ながら歩く  海に沿って遊歩道があって、散歩には最適  花壇にはきれいな花があって、ボランティアの人によって管理されているそうだ  住みやすそうな町だな  図...

続きを読む

日帰り旅行 その3 関門海峡

 関門には<突破するのが困難>と言う意味がある   関門海峡 というと、 渡るのが大変ということになっちゃうけど 本州と九州をへだてる関門海峡は    本州側の下関(昔は馬関といったらしい)の【関】と    九州側の門司の【門】を 組み合わせ ている でも平家と源氏の合戦の壇ノ浦の戦いは  1日に4回変わるという  東西に流れる潮の流れが勝敗を決めたとか   狭い所では   南北650mほどしか離...

続きを読む

日帰り旅行 その2

 かつての英国領事館の見学  ももたんとしては  セントアンドリュース クロス    (スコットランドの旗)のほうが好きだけど  ユニオンジャック    (英国の旗)も惹かれないわけじゃない  当時  外国風の建築をつくるのは  大変なことだったろう    建築資材は輸入したんだろうし    採寸方法も    日本と外国は違ってたんだから               ちなみに、          ...

続きを読む

プロフィール

Feather Tartan 

Author:Feather Tartan 
プロフィールは 下記カテゴリー内
  ティーチャー紹介 をご覧ください


スコティッシュ カントリー ダンス
 (SCD)とは?

スコットランドで
17世紀から踊りつがれている
貴族から庶民まで楽しんでいた
国民的で伝統のあるダンスです

  いまではスコットランドだけでなく
   イギリス全土 ヨーロッパ諸国
   アメリカ カナダ ハワイ
   オーストラリア ニュージーランド などでも
 広く親しまれています

海外旅行に靴を持っていけば、
現地のサークルに飛び入りもできますよ! 

    写真はスコットランドの国花 アザミ

最新コメント